鼻の毛穴の黒ずみについて

昔からなのですが、鼻の頭の毛穴が詰まるのが悩みです。
黒くなってとても目立つので、それがコンプレックスになってしまいました。

小学生くらいの時からすでに毛穴が目立ちだしていて、中学に上がる頃にはだれが見てもわかるくらい毛穴が目立っていました。
当時、鼻パックがとても流行りました。
しかし、毛穴を無理やり広げて取るので余計詰まりやすくなることを当時の私は知らなくて、週3くらいでパックしていました。
その結果、すぐ詰まるうえに前より角栓が大きくなってしまいました。

お風呂に入った時など、温めてから絞り出したりするのですが、それでもあまり効果がありません。
鼻の薄皮がよく剥けてしまうので、化粧もしにくいです。
詰まりやすいので、当然ニキビもよく出来てしまいます。

職場にとても肌がきれいな先輩がいて、一度相談をしてみました。
その方はパックなどはせず、洗顔を丁寧にすることを心掛けているそうです。
確かに、私は洗顔にそこまで力を入れていませんでした。

化粧が残っているのも毛穴のつまりの原因になるので、とにかく丁寧に洗うように言われました。
家に帰って早速試してみることにしました。
オイルのべたつく感じがきらいで、ささっと洗ってから流してしまっていたのですが、なるべく丁寧に洗いました。
油分が残らないように、石鹸もよく泡立ててから使いました。

一週間くらい続けて、毛穴が少し目立たなくなったように思います。
まだまだ普通の人に比べたら目立つのですが、以前の自分よりだいぶマシになりました。
これからも地道に続けていこうと思います。
参考 毛穴洗顔

腸内環境を整えて美しい肌を保つ

私は以前から便秘で、肌荒れがひどく30歳を過ぎても
ニキビ(吹き出物)に困っていました。
毎日化粧ノリも悪く、鏡で自分の顔を見たくない日々が
続いていました。
ある時、腸内環境が改善されると美肌効果も期待できるということを
テレビで知り、その方法を試してみることにしました。

最初は腸内環境が整うだけで効果があるの?と疑問に思っていました。
実際、腸内環境を整えて美肌を手にしたという経験者も
多くいるようなので、騙されたと思ってまずは
便秘を改善することから始めました。

腸内環境を整えるためには、まず乳酸菌をとり
腸内の善玉菌を増やし、蝶に溜まった老廃物を除去していくことから
始まります。そうすると、悪玉菌が減り腸がスムーズに動き出します。
私は、乳酸菌が入ったサプリを飲むことにしました。
食べ物だと、毎日それを食べ続けなくてはならないし
私の性格だと続かないと思ったからです。
サプリだと大体1日10円とかそのくらいになるので
金額も全然安いですし、忙しい朝でも水と一緒に飲むだけ
簡単に済ませることができるというのも魅力でした。

私の場合は、効果が2日目で現れました。
朝にお通じが来たのです。それは、毎朝続きました。
必ず決まった時間にトイレに行きたくなり
体がうまく機能してきていると実感しました。

ある日まじまじと鏡で顔を見たのですが
なんだか、顔色も良くなってきたような気がしました。
そして、いつも顎や頬のあたりにできていた
吹き出物も綺麗になくなってきました。

そして、化粧ノリも以前に比べてよくなり
自然な感じの仕上がりになってきたように感じます。
化粧水の入り込みもうまくいっているようで
毎日、鏡で顔を見るのが嬉しくなってきました。

初めは、騙されたと思って腸内環境を整え真面目ましたが
美肌の効果を最大限に発揮するのは
外側からのケアだけでなく、体の内側からも綺麗にしていかなければ
いけないと感じました。

簡単で効果てきめんの美容法?

女性であれば、いつまでも美しくありたいと思うでしょう。
そして、このいつまでも美しくありたいという思いは本当に20代前後の人と、アラフォーを以上の人とでは質が違うでしょう。
私の場合、若い頃の美しくありたいという思いはまだ衰えを感じていない時の、夢見がちな思いだった気がします。
それが40歳を過ぎた辺りからは美しさを長持ちさせたいという思いが、とても具体的になってきた感じなのです。
例えば、やっぱりちょっと目尻の小皺が目立ってきたりはします。
自分ではそんなに小皺は多いほうだとは思っていなかったというのが本音です。
が、20代の時の写真と見比べると、やはり老化は感じます。
笑っている時の写真の目尻にはくっきりはっきりと、望んでいない物が写っています。
写真を見て、自分の老化に気がつきますね。
それで、ある低度の年齢になったら、美容に気をつけるようになるわけです。
それまで、煙草は肌に悪いとは聞いていても、私の肌はきれい、私は例外、などという都合のよいことを思っていたことが間違いだと気がついたりします。
ですから、煙草をやめました。
ちなみに、煙草をやめた理由は他にもあったのです。
そして、この禁煙が最高の美容効果がありました。
肌がいきなりつるつるというふうにはなりませんでしたが、何となくくすみはなくなったのをはっきりと覚えています。
煙草をやめてから、とてもよく眠れるようになりました。
これも、美肌には効果があったように思います。
それで、肌の状態がとてもよくなりました。
気分もよくなり、歯科にホワイトニングに行って、更に気分がよくなりました。
結局、禁煙が最高の美用法だった気がします。

美白の前に紫外線対策

巷にはたくさんの美白剤があふれていますね。多くの人がシミやそばかすに悩んでいる証拠だと思います。しかし美白剤を買う前にもっとやらなければいならないことがあります。それは紫外線対策です。
もともとどうしてシミができるかということを知る必要があります。シミというのはメラニン色素が沈着して起こる場合があります。ではそのメラニン色素はどこからくるのでしょうか?それは紫外線です。紫外線はA波とB波があり、B波はA波の1000倍も有害であるということさえいわれています。このB波が日焼けを起こす原因です。若いうちは肌のターンオーバーが正常に行われているため、日焼けをしても元の白い肌に戻ります。しかし年齢を重ねるごとに、このターンオーバーの機能が低下してしまいます。そうするとシミになるのです。
B波は皮膚のDNA細胞も傷つけてしまいます。傷ついいたDNAはそのまま皮膚に残ります。それが蓄積され、気がついたときにはシミになっているのです。
私はその典型的な例といえるでしょう。日焼けをしても時がたてば直るからと思って、紫外線対策はほとんどしていませんでした。20代前半まで、海や山に夏に出かけるとき以外は紫外線なんて気にも留めていませんでいた。それが30代に入り目の下に大きなシミができていることに気がつきました。さまざまな美容液を試したのですが、効果はほとんど現れませんでした。どうしたらいいのかインターネットで調べるうちに、紫外線がシミにとって大敵だということを知りました。それ以来紫外線対策は怠らないようにs手います。外に行くときは必ずUVクリームを塗ります。オイリー肌なので軽めのものを塗ります。これは夏だけのお手入れではありません。冬でも紫外線は注がれているのです。UVクリームをはじめ、帽子や長袖などで紫外線対策をおこなっています。